【光脱毛の効果はいつから?】家庭用脱毛器の頻度は毎日?週1?仕組みを理解して効果を最大化する方法

  • URLをコピーしました!
光脱毛の効果はいつから?
タップできるもくじ

家庭用脱毛器について

お家で手軽に脱毛ケアができる家庭用脱毛器。その家庭用脱毛器の主流の脱毛方式が光脱毛です。脱毛サロンでも光脱毛が主流になっています。

脱毛器ってボタンを押すとピカッと光りますよね。あれが光脱毛器の証です。光美容器とも言います。

あーちゃん

ここでは、そんな光脱毛の効果について見ていきます。効果はいつから現れるのか?家庭用脱毛器はどれくらいの頻度で使うと効果的なのか?光脱毛の仕組みも見ていきます。

これから家庭用脱毛器を買う予定の人も、もう買って自宅で使ってるけどまだまだ効果を実感できない…という人も、参考に見てくださいね♪

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない


勘違いしている人が割りと多いのですが、家庭用脱毛器の光脱毛では永久脱毛はできません。

脱毛器を使い続けて脱毛効果で毛が薄くなってツルツルになって、半年とか1年とかケアしなくても毛が生えて来ないから永久脱毛ができている、と思う人がいます。

ですが、よぉ~く見ると産毛が生えていたり、実は1年以上経つと生えて来たりする可能性があります。

永久脱毛の定義とは?

実は、永久脱毛の定義は日本では正確に定義されていません。そこで、アメリカに目を向けますと、「米国電気脱毛協会」なる組織が永久脱毛の定義を発表しています。

健康系では非常に権威のある「米国FDA(日本で言うところの厚生労働省)」が発表している定義を用いることが多いです。

さらに、1998年にハーバード大学教授のロックス・アンダーソン博士が発表した定義も、今でも用いられます。

米国電気脱毛協会による永久脱毛の定義
最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%の状態であればよい。

米国FDAによる永久脱毛の定義
3回の脱毛施術によって6ヶ月後、3/2(67%)以上減毛していること。

※米国FDAでは永久脱毛の定義に当てはまる施術としてニードル脱毛を具体的に挙げています

ロックス・アンダーソン博士による医学的知見からの永久脱毛の定義
通常の毛周期を越えて毛の本数が著明に減少した状態を維持していることを「Permanent hair reduction(永久減毛)」とする。

引用元:永久脱毛とは|定義とかかる値段・受けられる場所


日本では、永久脱毛というとほとんどの人は、「ケアした箇所から永遠に毛が生えてこない」ことだと思っているでしょう。

ですが、世界的な認識としては、もっと緩やかな定義のように思えますね。

永久脱毛が可能なのは「医療脱毛」「ニードル脱毛」だけ

「じゃあ、光脱毛でも永久脱毛できてるんじゃないの?」と考えてしまいますが、どうなんでしょうか?

もっとも重要なポイント、永久脱毛かどうかは、

毛が再生するか、しないか

です。

光脱毛だと、やがてケア後の毛は再生してきます。

そこで、永久脱毛できる方式はと言うと、「医療脱毛」「ニードル脱毛」だけということになります。

「医療脱毛」と「ニードル脱毛」は、医療行為にあたります。それだけ危険性もあり、家庭で簡単に脱毛器でできることではないんですね。

家庭用脱毛器は継続使用で抑毛・減毛効果が得られる

では、家庭用脱毛器では永久脱毛のような効果は得られないのか?というと、効果的な使い方をすれば永久脱毛のお肌のようなツルツルの状態を維持することは可能です。

その効果的な家庭用脱毛器の使い方が、「継続的に使い続ける」ことです。

はじめの1ヶ月だけ毎日使ってその後は全くケアしない、という人も多いと思いますが、頻繁にケアしなくても計画的に継続的にケアを続ければ、抑毛効果・原毛効果を得ることができます。

光脱毛の頻度は毎日?

光脱毛の頻度は毎日?

光脱毛はどれくらいで効果が実感できるのか?頻度についても確認していきます。

家庭用脱毛器の使用頻度は1~2週間に1回

家庭用脱毛器公式推奨使用頻度販売ページ
ケノン1週間に1回公式HPへ
レイボーテ ヴィーナス顔:2~3週間に1回
体:
はじめの2ヶ月:2週間に1回
3ヶ月目以降:4~8週間に1回
公式HPへ
オーパスビューティー031週間に1回公式HPへ
アイスレディ1週間に3回公式HPへ
BoSidin1~2週目:週に2~3回
3~4週目:週に1~2回
4~8週目:週に1回
公式HPへ
エピレタ2週間に1回公式HPへ
FASIZ 脱毛器1~2週目:週に3回
3~4週目:週に2回
4~8週目:週に1~2回
公式HPへ
スムーズスキン週に1回公式HPへ
LAVIE10日~2週間に1回公式HPへ
各脱毛機の公式推奨の使用頻度の目安

使用頻度は、あくまでも目安として考えてください。ざっと見てみると、日本製や日本の会社が販売している家庭用脱毛器は、1~2週間に1回の使用が多く、海外製の脱毛器は、1週間に2度以上使うことを推奨していたりと使用頻度は高めの設定になっていますね。

日本製の家庭用脱毛器を使うなら、使用頻度は1~2週間に1回が目安となります。

家庭用脱毛器で効果を実感できる期間は1~3カ月

家庭用脱毛器を実際に使い始めてどれくらいで効果を実感できるのか?気になるところです。ちょうどいい記事がありましたので、引用しながら見ていきましょう。

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスの「PR TIMES」にアンケート結果が載っていました。調査人数が200人ということで、それほど多くはないのですが参考になると思います。

調査結果

調査結果
画像:<調査結果>家庭用脱毛器の効果を感じ始めたのはいつ?1位は『1ヶ月後』!

家庭用脱毛器を使い始めて効果を感じ始めた期間の1位は「1ヶ月後」でした。これは、結構早めだと思います。

一般的に、家庭用脱毛器の取扱説明書とか公式サイトでの目安としては2~3ヶ月くらいが多いです。「3ヶ月後」というのが2位なので、おおよそ1~3ヶ月のあたりが、脱毛効果を感じ始めるタイミングですね。

脇、VIOなど毛が濃く太いパーツは効果の実感に時間がかかる

脇やVIOなどの濃く太い毛は、脱毛の効果を実感するまでには時間がかかる傾向にあります。

これには少し説明が必要です。光脱毛器は、毛のメラニン色素に反応して脱毛する仕組みになっています。なので、メラニン色素が多い濃く太い毛は、光脱毛の効果を得やすいのです。

なので、脱毛をはじめたばかりの頃は、「意外と濃い毛に効果あるのね」と思うのですが、その後、回数を重ねると濃く太い毛の根絶には時間がかかることになってきます。

光脱毛は、お肌の奥の毛の根元の毛母細胞まではダメージを与えることは難しいので、濃く太い毛は雑草で言えば抜いても根が残っている状態になります。

なので、一気に太い毛が根絶できることはなく、「根気強く継続してケアを続けましょう」となります。

腕、脚などは効果の実感までが早い

顔の産毛までは細くなく、脇やVIOほど濃く太くない腕や脚の毛は、光脱毛の一番得意分野です。

適度にメラニン色素があって、濃い毛のように頑固ではないので、脱毛効果を実感しやすい部位です。

腕や脚の毛が気になる人には、光脱毛が相性ぴったりですね。

家庭用光脱毛器の種類や機能について

家庭用光脱毛器の種類や機能について

ここからは、光脱毛ができるアイテムについて見ていきます。

家庭用フラッシュ(光)脱毛器の特徴

「光美容器」「光脱毛器」「エステ脱毛器」などと言われる家庭用のフラッシュ脱毛器の特徴を確認していきます。

一般的に販売されている家庭用の光脱毛器は大きく分けて以下の2つに分類されます。

  • フラッシュ式
  • レーザー式
光脱毛とレーザー脱毛の光のイメージ

他にも、サーミコン式、ローラー式、高周波式などの脱毛器がありますが、一般的ではないので、上の2種類をピックアップしました。

フラッシュ式の光脱毛器のメリット・デメリットは次の通りです。

フラッシュ式脱毛器のメリットフラッシュ式脱毛器のデメリット
販売中の機種が多く選びやすい
痛みが少ない
お手入れ時間が短い
手軽に使えるので継続しやすい
脱毛サロンより効果が低い
長く継続しないと効果が出にくい
レーザーより痛くないが効果が低い
産毛が苦手

フラッシュ式の照射する光は柔らかくお肌の奥に浸透して行くので、痛みは感じにくいです。その分、痛みが少ないので効果は緩やかで、毛の質などによっては、全く効果を感じない人もいます。


家庭用レーザー脱毛器の特徴

レーザー式の脱毛器はフラッシュ式に比べて、熱量が高く痛みを感じやすいかわりに効果も高いと言われています。

レーザー脱毛器のメリットレーザー脱毛器のデメリット
家庭用では効果が高い
効果が出るまでの期間が短い
男性の髭に効果が高い
濃い毛が得意
フラッシュ式に比べて痛い
照射口が狭いのでケアに時間がかかる
出力が高いので説明書を守らないと危険性がある
本体が重くなりがち

レーザー式のほうがフラッシュ式よりも痛いです。レーザー脱毛器の口コミでは、「痛くなければ効かない」と考える人がいて、「痛み=効果」という考え方の人が多いです。

出力が強いので、間違った扱い方をすると危険性が高いので、しっかりと使い方を確認しておくと良いでしょう。


カートリッジ交換式と本体交換式の特徴について

「照射回数○○万回」という風に、家庭用脱毛器は照射できる回数が決まっています。例えば、30万回照射できる脱毛器が、30万回照射した時に、カートリッジを交換するだけで再び30万回照射できるようになるか、本体ごとを買い換える必要があるかの違いがあります。

カートリッジを交換できる方がコスパは良さそうに思いますが、元々の本体の価格も様々ですし、最新機種を使いたい人は本体ごと交換したほうがいい場合もあります。

冷却クーリング機能について

光脱毛を行う場合は、お肌に光の熱が伝わるのでダメージを与えてしまいます。そのダメージを和らげるために照射する箇所を冷やすようにします。

保冷剤などをケアする箇所に当てて冷やす方法もありますが、脱毛器の機能として冷却機能が付いている脱毛器が増えてきています。

冷却機能が付いている脱毛器なら、保冷剤で冷やす手間がいらないので簡単にケアができます。

冷却機能が付いている分、効果になることもありますので、機能を予算を考えて機種を選びましょう。

タッチセンサー機能について

フラッシュ式の脱毛器を使う時に、最も重要なことが、「照射する箇所に照射口を密着させる」ことです。

きちんと密着していないと脱毛効果が落ちますし、密着していない状態で照射してしまうと痛みが増えることがあります。

そこで、密着していないと照射できないようにした機能が、「タッチセンサー機能」です。

タッチセンサー機能も、導入している機種が増えてきたので、予算が合えば選択したい機能です。

照射レベル調整機能について

「スキントーンセンサー」とか「肌色センサー」とも言われます。

フラッシュ式の脱毛器はメラニン色素に光を当てますが、この光は毛にしか反応しないのではありません。

お肌の色にも反応してしまいます。色黒の人は照射できなかったりします。脱毛器を買ったら、説明書にスキンチャートで「ここまでより黒い肌の人は使用不可です」というような但し書きがあります。

水着の跡などで、お肌の色が箇所によって変わるような場合に、色の黒いお肌では照射レベルを下げて、色の白い箇所ではレベルを上げる、ということを自動でしてくれる機能です。

これも、最近では搭載されている機種が増えたいます。予算が合えば選択したい機能です。

家庭用光脱毛器の仕組みについて

家庭用光脱毛器の仕組みについて

光脱毛器は、一体どういった仕組みなのか?見ていきましょう。

家庭用脱毛器の仕組みとは?

光脱毛の仕組み

光脱毛の仕組み
  1. 成長期の毛に光を当てて、毛根にあるメラニン色素に反応させます。
  2. 熱を発生させ毛乳頭毛母細胞のタンパク質にダメージを与えます。
  3. 数日後、スルッと抜け落ちます。
  4. 毛が抜けたあとの毛穴は閉じで縮まるので、お肌がすべすべになります。


脱毛器の光は成長期の毛にしか反応しない

脱毛に適した期間
画像:【初心者必見】毛周期がわかれば、効率的な脱毛がわかる!


上の図のように、毛があればいつでも脱毛に適したときかといえば、そうではありません。

毛が成長している時に照射しないと、光脱毛の効果がでません。

退行期や休止期は、すでに枯れゆく状態なので、メラニン色素も少なく、光脱毛の効果が発揮されません。また、成長期の前半のまだ細い毛のときも、メラニン色素が少なく光脱毛の効果が反映されにくいです。

毛周期について

毛周期
毛周期のイメージ
毛根図
毛根図


成長期とは?

「成長期」は、前半と後半に分かれます。

文字通り、毛が成長して伸びている時期です。

成長期前期毛乳頭から栄養をもらった毛母細胞が分裂し、毛が伸び始めます。毛はまだ皮膚の外まで伸びていません。
成長期後期 毛母細胞がさらに活発に分裂する皮膚の外まで毛が伸びます。


退行期とは?

「退行期」は、毛が毛穴から抜け落ちる準備を始める時期です。

毛の成長できるところまで伸びたら成長が止まります。少しずつ毛根が押し上げられて抜ける段階に入ります。

メラニン色素は減りだし、光脱毛には向かない時期になります。

休止期とは?

「休止期」は、毛が抜け落ち新しい怪我生え始めるまでの期間です。

毛が抜け落ちるのがこの期間です。

休止期間が終わると再度毛母細胞が活性化されて、成長期へと移ります。

脱毛効果が実感しにくいケース・濃く太い毛

光脱毛はメラニン色素に反応するので、メラニン色素が多い太く濃い毛には多く反応しそうで、効果も高そうに思います。

ですが、光脱毛では出力が足りないので、太く強い毛の毛根を根絶することができません。

脱毛効果が実感しにくいケース・産毛や細い毛

メラニン色素に反応させる光脱毛では、産毛や細い毛はメラニンが少ないので、光による効果も出にくいです。

脱毛効果が高い!人気の光脱毛5選

脱毛効果が高い!人気の光脱毛5選

実際に、光脱毛のできる効果の高い家庭用光脱毛器のおすすめ5選です。

【ケノン】エムロック

ケノン
商品名ケノン
メーカー名株式会社エムテック
エムロック株式会社
価格69,800円
照射レベル調整10段階
カートリッジ交換カートリッジ交換式
照射可能回数レベル1:300万発
レベル10:50万発
※価格は税込です。

ケノンは、光脱毛器では日本で最も売れているアイテムです。脱毛器というくくりでも、一番売れているんじゃないでしょうか。

「迷ったら、これ買っとけば問題なし!」というくらいに人気があり、機能も充実して脱毛効果もちゃんとした光脱毛器です。

【パーソナルレーザー脱毛器 4X】トリア

トリア4x
商品名トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
メーカー名株式会社スプレッド
価格49,800円
照射レベル調整7段階
カートリッジ交換カートリッジ交換
照射可能回数レベル1:105,000発
レベル7:5,000発
※価格は税込です

家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー方式採用です。

「痛くなければ脱毛効果はない!」「痛い!効いてる!」というなんともすごいレビューが多発しているトリアです。

レーザー脱毛器なので、IPL方式などの光美容器よりは痛みがありますが、その分効果はかなり高いです。

本格的に濃い毛を退治したい人にはおすすめです。

【フォトEPC】シーズ・ラボ

フォトEPC
商品名フォトEPC
メーカー名株式会社シーズ・ラボ
価格74,800円
照射レベル調整5段階
カートリッジ交換カートリッジ交換
照射可能回数30万発
※価格は税込です

フォトEPCは、全国に31店舗を構えるドクターシーラボのエステが独自開発した脱毛&美顔器です。

エステサロンで実際に活躍している脱毛器だから、信頼性は抜群です。そのエステサロンで培ったノウハウを惜しみなく注ぎ込んでできたのが、このフォトEPCです。

2つのアタッチメントを取り替えて使えば、光脱毛とニキビやシワ・たるみなどのケアにも使える優れものです。

関連ページ:【フォトEPC 口コミ】へ内部リンク

【光エステ脱毛器 LAVIE】LAVIE

LAVIE
商品名LAVIE
メーカー名株式会社スプレッド
価格49,800円
照射レベル調整7段階
カートリッジ交換カートリッジ交換
照射可能回数レベル1:105,000発
レベル7:5,000発

このLAVIE(ラヴィ)脱毛器も、IPL方式の家庭用光美容器です。

電源は、充電式ではなくコード式で、コンセントに繋げればすぐに使えます。安心の日本製で、脱毛器としても使えますし、美顔カートリッジに換えれば美顔器としても使えます。照射回数は、ケノンに比べると少ないですが、自宅ケアで使う分には十分な照射回数と言えるでしょう。

その分、ケノンより2万円も安くなっているので、コスパを重視するならおすすめの家庭用光脱毛器です。

関連ページ:【LAVIE(ラヴィ) 口コミ】へ内部リンク

【コラーゲン脱毛LV】デンタルラボ

コラーゲン脱毛LV
商品名コラーゲン脱毛LV
メーカー名株式会社デンタルラボ
価格71,500円
照射レベル調整5段階
カートリッジ交換本体交換
照射可能回数100万発
※価格は税込です

光脱毛の主流で人気のIPL方式と、LEDが合体した「IPLED」は最先端の光脱毛器の方式です。

脱毛の波長と同時に、「フェイシャルトリートメント波長」「バストケア波長」も発生させます。さらにコラーゲンマシーンの波長と似ているので、お肌の潤いも補いながら、最先端の光脱毛ケアができます。

4℃に表面が冷える、強力な冷却機能も搭載しているので、痛さ知らずで脱毛ケアができますね。

関連ページ:【コラーゲン脱毛LV 口コミ】へ内部リンク

【光脱毛の効果はいつから?】まとめ

光脱毛の効果はいつから?まとめ

光脱毛の効果はいつから?どれくらいの期間で感じることができるの?という質問には、平均すると1~3ヶ月の間となります。

どの脱毛器でも、まずは3ヶ月間、定期的に使うことをおすすめします。

定期的にとは?と言う点は、大体1週間に1回くらいですが、機種や毛の濃さやお肌の状態で変わってきます。

ざっくりと、これから家庭用脱毛器を使い始める人にお伝えするなら、「週1を3ヶ月続ける」ことをおすすめします。実際に買った脱毛器の取扱説明書にも詳しく書いてあると思いますから、そちらも合わせてチェックしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ