MENU

【ケノンのひげ脱毛の効果】男の永久脱毛に効果なし?

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ

【ケノンのひげ脱毛の効果】男の永久脱毛に効果ないの?

家庭用脱毛器ケノンでは永久脱毛はできません

いきなりですが、家庭用脱毛器ケノンでは永久脱毛はできません。永久脱毛したいけど、通うのは面倒だし自宅でサクッと永久脱毛できたらどんなに楽だろう、、、と考える人は多いと思います。

ですが、基本的には自宅で永久脱毛できる家庭用脱毛器ってないんです(光美容器では)。

毛抜きで抜いたところで、2~3週間経てば、また生えてきます。生えてくるまでの期間は、毛がないように見える期間ではありますので、脱毛としての一定の効果はあるといえるかも知れません。カミソリで剃った場合は、早ければ1日位経った時点で、伸びてきた毛が頭をのぞかせます。もう、永久脱毛とは程遠い状況ですね。

電気シェーバーで剃ったところで、カミソリと同じように早ければ翌日には伸びた毛が見えてきます。除毛クリームの場合は、一旦きれいに怪我なくなったようになります。それでも1週間ほどすれば、次の毛が生えてきますので、これも永久脱毛は無理です。ブラジリアンワックスなどのワックス処理は、長く脱毛効果が残る印象で、毛抜と同じかそれ以上に保つ印象で、2週間~3週間は脱毛効果を感じていられるでしょう。

家庭用脱毛器(光美容器)のケノンは、これらの脱毛方法の中では最も効果も高く、長く脱毛効果を実感できる脱毛法になります。それでも、永久脱毛までは叶いません。

永久脱毛の定義とは?

さらに、FDA(アメリカ食品医薬品局)によると、永久脱毛とは以下のように定義づけられます。

『一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること』とされています。
また、AEA(米国電気脱毛協会)によると『最終脱毛をしてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛と認める。

上記の記述からもわかるように、「永久脱毛=永久に毛が生えてこない」ではないのですが、家庭用脱毛器のケノンでは、FDAの定義する永久脱毛までは行えない、ということになります。

要は、永久脱毛を行えるのは医療機関である必要があり、家庭用で誰でも扱える家電では、永久脱毛は認められていない、というのが現状です。

永久脱毛が可能なのは「医療脱毛」と「ニードル脱毛」のみ

永久脱毛は、レーザー脱毛を行う医療脱毛のクリニックや皮膚科のみが施術を行うことができます。他にはニードル脱毛というのがありますが、これは毛穴の電極を通して通電して毛穴を焼き切る、というイメージの脱毛です。さらに家庭ではできない施術方法になります。

いまのところ、レーザー脱毛を行えるのは医療行為を行える機関のみになります。

医療脱毛と家庭用脱毛器では、施術のときに当てる光の強さが違うのと、似たような光ですが若干種類が違ってきます。

「レーザー脱毛」は医療脱毛で使われる光。「IPL脱毛」は家庭用脱毛器の主流となっている光。

家庭用脱毛器というのは、医療行為にならない範囲の光をお肌に当てる事により、毛根にダメージを与え、毛根が衰退していくことにより脱毛効果をえることができるシステムです。

ニュアンスが難しいですが、家庭用脱毛器の光のレベルでも永久脱毛に近い(自己処理をほとんどしなくても済むようになる)状態まで脱毛効果を得られる人もいれば永遠と脱毛器で光を当て続けても濃いヒゲがすぐに生えてくる人もいる、という感じで家庭用脱毛器では、効果に個人差があるということです。

【ケノンのひげ脱毛の効果】永久脱毛に効果がないって本当?

【ケノンのひげ脱毛の効果】永久脱毛に効果がないって本当?

ケノンを選んだ理由1・脱毛サロンや脱毛クリニックは高額なため

ケノンを選んだ人の理由1つ目は、「脱毛サロンや脱毛クリニックは高額なため」です。

ケノンでの脱毛なら、本体が7万円弱で、その他のカートリッジや消耗品を買い足したとしても10万円までに総額が収まります。

ですが、脱毛サロンで通い放題(脱モイサロンも永久脱毛はできないので、通い続けると仮定して)となると、安い脱毛サロンで20万円前後、高い脱毛サロンでは35万円前後になってきます。

医療脱毛で、メンズの相場となると通い続ける必要がないので、結果的に脱毛サロンより安くなるケースがありますが、それでも20万前後はかかります。もちろん、ヒゲ脱毛だけなら10万円くらいに収まります。

ただ、こういった医療脱毛やサロンに通うのは、面倒ではあります。

ケノンを選んだ理由2・脱毛クリニックの体験で強い痛みを経験したから

ケノンを選んだ人の理由2つ目は、「脱毛クリニックの体験で強い痛みを経験したから」です。

脱毛クリニックと家庭用脱毛器は、脱毛のために照射する光の種類は同じだったりします。ですが、脱毛機器の出力の差で脱毛サロンは脱毛効果があったけど、家庭用脱毛器では効果がなかった、、、という人がいたりします。

脱毛サロンの照射は、医療脱毛やニードル脱毛に比べると、かなり痛みは感じない方です。それでも痛みを感じる人がいます。痛みを感じるかどうかと言うのは、お肌が乾燥しているとか様々な要因があるのですが、痛みを感じやすい人はいるようです。

脱毛クリニックは、さらに脱毛サロンよりも強い光を照射する医療脱毛ですから、脱毛サロン(光美容)で痛みを感じたような人では、場合によっては耐えられないような痛みを感じます。

そういう人は、自宅で、自分で光の強さを調節しながら脱毛できる家庭用脱毛器のケノンに落ち着くわけですね。

ケノンを選んだ理由3・希望の日時では予約が取りにくい

ケノンを選んだ人の理由3つ目は」、「希望の日時では予約が取りにくい」です。

脱毛サロンは、予約が取りにくい状態が常態化しています。

特に、平日の夕方(仕事終わりや学生の帰宅時間帯)や土日祝日(一般的なお休みの日)には、予約の取り合いで、脱毛サロンが人気であればあるほど予約が取りにくいです。さらには、予約を取りやすくするためには別料金で、予約が取りやすくなる特別会員に数万円出してならないとイケません。

おまけに、ヒゲの脱毛だとしたら、通い放題とか回数無制限コースあたりを契約しないとイケませんから、予約で頭を抱えてしまいますね。

ケノンを選んだ理由4・ストロングカートリッジが髭脱毛に効果的だから

ケノンを選んだ人の理由4つ目は、「ストロングカートリッジが髭脱毛に効果的だから」です。

ケノンの光美容器(家庭用脱毛器)は、脱毛サロンや医療脱毛などに比べて、脱毛効果が実感しにくいと説明してきましたが、そうでない素晴らしいケノン活用法があります。それは、「ストロングカートリッジ」を使うことです。

ケノンのカートリッジは、種類が豊富なんですが、男性のヒゲのような硬くて濃い毛に効果を発揮するカートリッジが「ストロングカートリッジ」なんです。

ケノン ストロングカートリッジでヒゲ脱毛に効果を感じるまでの回数と経緯

回数効果
1~5回目大きな変化はナシ
6~7回目ヒゲが細く柔らかくなり始める
8~10回目ヒゲが生えるスピードが遅くなる
11~20回目ヒゲが生える範囲が狭くなる
全体的にヒゲの量が減る
20~35回目鼻下や頬は髭剃りをしなくても良い状態になる
35回目~あごの太い毛の脱毛が完了する
メンテナンスを続ければツルツルを維持できる
※週1~2回くらいの頻度でレベル10でケノンを使い続けた結果です。

6回目くらいから効果は実感できるようになってきます。自己処理(男性の髭の場合はひげそり)が、今までの半分より減ってくるイメージです。

ずっと脱毛サロンに通い続けることを考えると、コスパも良いし、通う手間を考えると、非常に良い脱毛アイテムです。

【ケノンのひげ脱毛の効果】男性の脱毛のやり方や痛みを軽減するコツ

【ケノンのひげ脱毛の効果】男性の脱毛のやり方や痛みを軽減するコツ

使い方1・照射前には必ず自己処理をしましょう!

ケノンの脱毛方式の光脱毛とは、メラニン色素にダメージを与えることで脱毛効果を狙います。毛根がダメージを受けて徐々に毛が生えにくくくなっていきます。

この光の照射のときに、お肌の表面に毛が残っていると、照射した光が、肌の表面の毛に反応してしまい、肌の奥の毛根まで届かなくなり、脱毛効果が得られなくなってしまいます。

自己処理のときは肌を痛めると照射で痛みを感じやすくなるので、毛抜・ワックス・カミソリは避けて、シェーバーで優しく剃るのがおすすめです。

使い方2・カートリッジの装着(ストロングカートリッジ推奨)

自己処理が済んだら、あなたの脱毛に合わせたカートリッジを装着します。男性のヒゲを脱毛したいなら、ストロングカートリッジを装着します。

脱毛の目的に合わせてカートリッジを選んでください。

使い方3・照射レベルは段階的に上げましょう!

家庭用脱毛器なので、脱毛サロンや医療脱毛のようには痛みは感じにくいです。ですが、いきなり照射レベルを高いところから始めると、火傷の原因になることがあります。

あくまでも、自分に合うレベルが分かるまでは、レベル1からはじめて、徐々に強くしていって、合うレベルを見極めてください。

自分に合うレベルがわかれば、次からは、そのレベルから始めるのはありだと思います。

使い方4・照射前は皮膚の感覚がなくなる位に冷やしましょう

いくらケノンが家庭用脱毛器で安全だと言っても、毛根にダメージを与えて脱毛するような光を肌に当てるわけですから少なからずお肌にはダメージを与えることになります。

照射前には、照射部分を十分に冷やしてから照射しましょう。そうすることで、照射時の痛みや、照射後の赤みなどを防ぐ効果があります。

使い方5・照射口と肌を密着させて照射する

ケノンの本体の先にカートリッジは装着するのですが、そのカートリッジの先端から光を当てます。その時、肌に照射面を密着させておかないと、光がしっかりと脱毛箇所に浸透していかないので、照射時には、肌にカートリッジを密着させるようにしてください。

また、連射する場合も、慌てずにしっかりと照射部分に肌を密着させながら連射していってください。

使い方6・照射後にもしっかりと冷却する

照射前と同じように、照射後も肌をしっかりと冷やしてください。

毛根のメラニン色素に強い光を与えて、毛根二ダメージを与えて弱らせて脱毛するのですから、お肌にはダメージ&ストレスがかかっています。

あとあとのお肌の乾燥や、赤み、かゆみなどの原因にならないように、照射した部分は十分に冷やしてケアしてください。

使い方7・照射後は普段以上にしっかり保湿する

照射して毛根にダメージを与えるのですから、お肌にダメージはあります。それが、後で乾燥に繋がったりします。また、お肌の乾燥状態は、照射のときに痛みを感じやすくなります。ケノンを使う間は、普段からの保湿にも気をつけたいですね。

乳液や保湿クリームでしっかりと保湿してあげてください。

使い方のコツ1・凹凸のある部分は皮膚を伸ばして照射すると打ち漏れがなくなる

使い方のコツ1つ目は、「凹凸のある部分は皮膚を伸ばして照射すると打ち漏れがなくなる」です。

脱毛サロンの口コミでも多いのですが、打ち漏れというのがあります。これはスタッフが下手な場合に口コミで書かれることがあります。この打ち漏れがなぜ起こるかといいますと、照射するときに肌に密着できてないときに起こります。

その密着不足が起こるのは、皮膚に凸凹がある場合です。指とかあごとか、凸凹で密着させにくい場合は、皮膚を伸ばしてできるだけ凸凹をなくした状態で照射すると打ち漏れが防ぎやすくなります。

使い方のコツ2・火傷や肌トラブルのリスクがあるため照射レベルは1からスタートする

使い方のコツ2つ目は、「火傷や肌トラブルのリスクがあるため照射レベルは1からスタートする」です。

安全性の高い家庭用脱毛器のケノンといえども、毛根にダメージを与えるような光を照射します。少なからず、お肌へ刺激を与えるのはわかるかと思います。

なので、はじめて照射する場合は、照射レベル10段階のうち、一番低いレベル1から照射をはじめて下さい。

そうすることで、照射しよる火傷やお肌のトラブルを回避することができます。

痛みを軽減するコツ1・照射の前後で皮膚の感覚がなくなる位に冷却をする

痛みを軽減するコツ1つ目は、「照射の前後で皮膚の感覚がなくなる位に冷却をする」です。

家庭用脱毛器で、痛みを感じるのは照射で暑さを感じることで火傷に近い状態を一瞬でパチッと感じることで火傷に近い状態になるからです。

これは、言い換えると、お肌が十分に冷えていれば、ある程度の痛みは感じなくて済むということです。

その冷やせば痛みを感じにくい状態を、更に冷やして皮膚の間隔がなくなるくらいになれば、照射による痛みを殆ど感じなくなります。

痛みを軽減するコツ2・連射モードを使用する

痛みを軽減するコツ2つ目は、「連射モードを使用する」です。

ケノンの連続モード(連続ショット)とは、1回の照射パワーを3~6回に分けて連続で照射するモードになります。

1回の出力を下げる代わりに連続して一箇所に照射することで、一発の衝撃は和らげるけど、照射する箇所には効果を最大限に出す照射方法です。

1回の照射で痛みを感じる場合は、連続モードを使ってみてください。

【ケノンのひげ脱毛の効果】ストロングカートリッジ

【ケノンのひげ脱毛の効果】ストロングカートリッジ

ケノンの髭脱毛におすすめのカートリッジは?

ケノンの髭脱毛におすすめのカートリッジは、「ストロング」カートリッジです。

ストロングカートリッジは、ケノンの数あるカートリッジの中でも照射の際の出力が高いので、濃く太い頑固なヒゲ脱毛にも効果を発揮します。

照射光が狭く、照射出力を凝縮して効果的にヒゲにアプローチするイメージです。

また、照射光が狭いので、ヒゲ以外の口周りの扱いもし易いです。

カートリッジ価格

追加購入:10,000円

照射面積4.5㎠
照射可能回数レベル1:85,000発
レベル10:10,000発
オススメ使用部位男性のヒゲ・ワキ・Vライン

ケノンのプレミアムカートリッジとは?

ケノンのプレミアムカートリッジとは、過去のケノンに標準装備されていた長寿命が特徴のカートリッジです。

照射可能回数【Lv1】100万発
【Lv10】30万発
交換時期
(寿命目安)
全身脱毛なら約729回
(約19年分)
照射面積2.0×3.5cm(7㎠)
使用推奨部位腕、足、ワキ…全身どこにでも使える
購入金額過去ケノンに標準付属
(現在は単品購入不可)

長持ちするカートリッジなので、強い脱毛というよりは、コスパよく脱毛したい人向けです。

全身もどこでも使えます。

現在では、単品での購入はできなくなっています。

男性の髭脱毛には別売りのストロングカートリッジがおすすめ

男性の髭脱毛には別売りのストロングカートリッジがおすすめです。

ケノンのカートリッジの中でも最もパワフルなカートリッジです。頑固な男性のヒゲに対応するには、ストロングカートリッジ一択でしょう。

脱毛器のパワーは、特にカートリッジを装着して変えれるタイプのケノンでは、男性のヒゲに対しては、最もパワフルなカートリッジを使わないと、効果も半減してしまうし、ケアしても痛みだけが残ってしまって、ヒゲは残ったままになってしまいます。

【ケノンのひげ脱毛の効果】3か月の様子について

ケノン使用前の悩み・青髭が目立つ

ケノンで髭脱毛しようと考える人の多くは、自分でひげそりしたあとの青髭ですね、これが嫌で脱毛を本格的にしようと考えるものです。

髭は自己処理ではどうにもできません。自己処理だと、ほとんど、ただ剃るくらいしかできません。まさか、自宅で自分で髭にワックス脱毛ができるわけもありません。

中には、自分で髭をピンセットで抜くという人もいますが、痛いですし、うまく抜けませんし、かなり痛いです。

使用後1カ月の経過・1~5回程は全く変化はない

男性でもケノンを使って、すね毛が減ったり、腕の毛が少なくなったりする人はよく見かけます。

ですが、ケノンですぐに髭が薄くなる人は珍しいです。稀ですね。

ほぼ、1回~5回位の照射では変化は見られないと思っておいたほうが良いでしょう。ですが、ここで諦めずに続けて行きたいですね。

使用後3カ月の経過・毛量は変らないが毛質が細く柔らかくなってきた

ケノンをヒゲ脱毛に使用して3ヶ月くらい経つと、早い人は効果を実感し出します。

自己処理の髭剃りが、1回の時間が短くなる、髭剃りの頻度が少し減る、などの変化が出てきます。

ですが、3ヶ月程度では全く変化の見られない人もいることは事実です。

使用後6か月の経過・毛が生えるペースが遅くなり、脱毛の頻度が減ってきた

さすがに、ケノンでヒゲ脱毛をはじめて半年経ってくると、ヒゲ脱毛の効果も感じる人が増えてきます。

月に2回位のペースでゆっくりやっている人でも効果が感じられるでしょう。毎週とか5日おきとかにやってる人だと、もっと効果を実感しているかもしれませんね。

ケノンで脱毛する頻度も減りますし、自己処理でひげを剃る頻度も減ってくるのがこの6ヶ月あたりです。

使用後12ヵ月の経過・青髭が全く気にならない、自己処理は1カ月に1回でも十分に

もともと、あまり髭の濃くなかったひとだと、ケノンでヒゲ脱毛をはじめて12ヶ月経つと、効果はかなり出ています。

はじめの悩みだった青髭もかなり感じなくなっているでしょう。

この、12ヶ月だとほとんどの人がケノンのヒゲ脱毛の効果は実感していると思います。

この時期に、ケノンのヒゲ脱毛の効果を感じない人は、よほど髭が頑固で濃いか、使い方に問題がある人でしょう。

使用後1年半の経過・自己処理は2カ月に1回でも十分に

1年半、18ヶ月も経つと、さすがに髭が濃かった人も効果を実感しだす時期です。

早くからヒゲ脱毛の効果を実感していた人なら、自己処理の髭剃りも2ヶ月に1回でも十分になっているでしょう。

ほぼ、ここまで続けられた人は、ケノンのヒゲ脱毛の効果を感じられているでしょう。

使用後2年の経過・自己処理が2~3か月に1回で十分に!肌もツルツルになった

ケノンの髭脱毛を2年、24ヶ月も続けた人は、「やってよかった!」と思えている時期です。

さすがに、髭が濃くて頑固で、なかなか効果を感じることができなかった人も2年経てば満足しているでしょう。

ここまで来るのは、続けることができるかどうかの問題で、続けば間違いなく効果は感じられるものです。

【ケノンの髭脱毛の効果】3か月間のまとめ

ケノンのヒゲ脱毛は、正直に言うと、3ヶ月では怪しいです。

これは、将来的に効果がないということではなく、もう少し時間がかかる、ということです。

諦めずに続けられれば、かなりの効果が期待できます。

何度も言いますが、続ければ、そのうちヒゲ脱毛の効果は実感できるでしょう。

【ケノンのひげ脱毛の効果】まとめ

ここまで、ケノンのヒゲ脱毛の効果についてまとめてきました。

結果としては、ケノンの髭脱毛は、「根気よく続ければ効果は実感できる!」です。

なんでもそうですが、効果が出るまで続けられない人が多いです。

そこを信じて続けることができれば未来は明るいです。

男性の髭剃りに使う時間って本当にムダで膨大に長いです。その髭剃りに使う時間を減らすことができたら、生活の中で朝のリズムも良くなりますし、一日のスタートが気持ちよく切れます。

地道にコツコツと、の世界になりますが、本当に青髭をどうにかしたい男性には、ケノンの髭脱毛は効果的でおすすめです。

関連記事: 【ケノンの口コミ】脱毛器の効果は?最悪で怪しいってどうなの?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる