【IPL脱毛器の効果】光脱毛器の仕組み/なぜ美肌効果があるの?

  • URLをコピーしました!
【IPL脱毛器の効果】光脱毛器の仕組み/なぜ美肌効果があるの?

脱毛器を買おうと販売ページや口コミサイトを見ていると、「IPL」とか「SSC」とか「SHR」とかって出てきますけど、何のことかさっぱりわからない…という人も多いと思います。

あーちゃん

そこで、家庭用脱毛器の脱毛方式では最も主流の「IPL」方式を深掘りしながら見ていき、「SSC」や「SHR」との違いやメリット・デメリットも解説していきます。

まさに、脱毛器選びの最中の人は参考にしてくださいね♪

タップできるもくじ

IPL脱毛器の効果/どんな毛に効果があるの?

IPL脱毛器の効果/どんな毛に効果があるの?

まずは、家庭用脱毛器の脱毛の仕組みとして主流となっている「IPL」方式の効果について見ていきましょう。

光脱毛の仕組み

  1. 成長期の毛に光を当てて、毛根にあるメラニン色素に反応させます。
  2. 熱を発生させ毛乳頭毛母細胞のタンパク質にダメージを与えます。
  3. 数日後、スルッと抜け落ちます。
  4. 毛が抜けたあとの毛穴は閉じで縮まるので、お肌がすべすべになります。

IPL脱毛器の効果1・太くて濃い毛に効果が期待できる

毛の構造 毛母細胞

光脱毛の方式のうちの一つであるIPL脱毛は、当てた光がメラニン色素に反応します。そのため、メラニン色素が多い濃い毛や太い毛の方が強く反応し、毛根へのダメージが強いために、脱毛効果が高くなります。

IPL脱毛で効果の高い部位

ワキ・VIO・スネ

IPLで効果の出にくい部位

背中・うなじ・二の腕・お腹・肩

IPL脱毛器の効果2・照射後1~2週間で毛が抜け落ちる

IPL脱毛器で照射する前には、自己処理で毛を剃っておきます。処理したお肌に照射しますが、照射時にはお肌の表面には出ていない毛が、照射後1~2週間でスルッと抜け落ちます。

IPL脱毛器の効果3・光脱毛の中では早く効果を実感しやすい

IPL脱毛器は、濃い毛や太い毛に高い脱毛効果を発揮します。見た目にわかりやすいので脱毛効果を早く実感できます。

IPL脱毛器の効果4・歴史のある脱毛方式で多くのサロンで実績をあげている

現在では、光脱毛の王道とも言える方式になっているIPL脱毛。

家庭用光脱毛器だけでなく、脱毛サロンで使われている脱毛機でもIPL脱毛が主流です。目新しい光脱毛方式が出てきても、IPL脱毛を基盤にしていたり、IPL脱毛を別の脱毛方式を組み合わせたりしていることが多いです。

家庭用光脱毛器でも、脱毛サロンでも、今では実績ナンバーワンの光脱毛の方式になっています。

IPL脱毛器が向いている部位・ワキ、VIO、スネなどの毛が太くて濃い部位

IPL脱毛が、お肌の奥の毛根のメラニン色素に反応させて、毛母細胞のタンパク質にダメージを与えることで脱毛するので、メラニン色素が多い、濃い毛・太い毛での反応が高いです。

濃い毛・太い毛が、IPL脱毛の効果を実感しやすいです。

IPL脱毛器が向いていない部位・顔、お腹、背中などうぶ毛が多い部位

毛が濃い部位と反対に、うぶ毛が多い部位は、メラニン色素が少ないためにIPL脱毛の脱毛効果が、濃い部位と比較して実感しにくかったり、実感するまでに時間(回数)がかかります。

IPL脱毛器の口コミでも、効果が出なかった!という口コミは、あまり毛深くない人の場合が多いようです。

IPL脱毛器が向いていない部位・日焼けしている部位

IPL脱毛が毛根の毛母細胞のメラニン色素に光を反応させてダメージを与える方式なので、お肌の表面のメラニン色素にも反応します。

照射したときに、日焼けなどでお肌の色が濃いと、痛みが激しかったりやけどしたりする可能性があります。

以下は、参考ですが使用可能かどうかのお肌の色の早見表です。

実際に使う脱毛器の説明書にも似たようなチャートがあると思います。上の表ではなく、あなたの使う脱毛器の説明書を優先して決めてくださいね。

IPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛の違いや特徴について

IPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛の違いや特徴について

具体的に、IPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛の違いや特徴について確認していきましょう。

IPL脱毛器の特徴について

毛の構造 毛母細胞
IPL脱毛器のメリットIPL脱毛器のデメリット
美肌効果もある
自宅で短時間でセルフ脱毛できる
お肌へのダメージが少ない
効果を早く実感しやすい
過度な日焼けには使えない
産毛には反応しにくい

美肌効果もある

脱毛器として照射する光と、美顔器などで使う光の周波数帯が同じなので、脱毛しながら美肌効果も得られます。

自宅で短時間でセルフ脱毛できる

一度に照射できる範囲が広いので、時短に繋がり自宅で短時間でセルフ脱毛ができる

お肌へのダメージが少ない

IPL脱毛器の光は優しい光なので、お肌への負担が少ないです。レーザーのように痛くありませんし、毛抜・ワックス・カミソリ・除毛ローションのように、お肌や毛穴への負担は大きくありません。

効果を早く実感しやすい

毛根のメラニン色素に反応する脱毛方式なので、濃い毛や太い毛で効果が出やすいです。毛深い人ほど効果を実感しやすいです。

過度な日焼けには使えない

メラニン色素の反応する方式なので、日焼けしすぎた肌では、痛みが激しかったり火傷の恐れもあるので使えない場合もあります。

産毛には反応しにくい

メラニン色素に反応して脱毛する方式なので、メラニン色素が少ないうぶ毛には反応が弱いことがあります。

SSC脱毛器の特徴について

毛の構造 表面にジェル
メリットデメリット
痛みが少ない
ケア時間が短い
美肌効果がある
うぶ毛にも濃い毛にも効果がある
ジェルを準備して塗るのが面倒
SSC方式の脱毛器がなかなか見つからない

SSC方式の脱毛とは、「Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)」の略で、クリプトンライトという光を照射する脱毛方法です。

光を当てる箇所には、ビーンズジェルと呼ばれる特殊なジェルを塗ります。ジェルに対して光を照射することで、ジェル内の粒子が弾けて肌に浸透します。浸透したジェルは毛母細胞に働きかけ、抑毛効果を発揮します。

痛みが少ない

「クリプトンライト」という光は、非常にお肌に優しくダメージが少ないのが特徴です。お肌に優しいということは痛くない、ということにも繋がります。

ケア時間が短い

刺激が少なく、ジェルのお陰でスムーズに照射ができるのでケア時間も短くなります。

美肌効果がある

ビーンズジェルと呼ばれる特殊なジェルは、植物由来の美肌効果のある成分が含まれているために、SSC脱毛でも美肌効果を期待できます。

うぶ毛にも濃い毛にも効果がある

光だけの脱毛では、メラニン色素に反応することでしか脱毛効果が発揮されないので、メラニン色素が少ないうぶ毛には不向きですが、SSC脱毛では、ジェルの除毛効果を使い除毛するので、うぶ毛でも濃い毛でも関係なく脱毛効果が得られます。

ジェルを準備して塗るのが面倒

SSC方式の脱毛器以外は、脱毛器自体があれば脱毛ケアが自宅でも簡単にできます。ですが、SSC方式の脱毛器は、別途ジェルを準備する必要があります。また、ケア前には準備したジェルを塗るのも面倒に感じる人も多いと思います。

SSC方式の脱毛器がなかなか見つからない

光脱毛器は、IPL方式が主流で、有名な脱毛器もIPL方式だけか、IPL方式にプラスアルファして独自な方式にしたりと、ほぼIPL方式の脱毛器がほとんどになっています。

SSC方式の脱毛器は、非常に種類が少なくなかなか見つけにくいのが現状です。

SHR脱毛器の特徴について

毛の構造 バルジ領域

SHR脱毛の仕組みは、IPLの光脱毛の毛母細胞への光によるダメージではなく、毛母細胞へけを生やす司令を出す「バルジ領域」への照射することで、根本的な脱毛ができるようになっています。

SHR脱毛器のメリットSHR脱毛器のデメリット
うぶ毛にも効果がある
ホクロや日焼け部分にも照射可能
痛みが少ない
脱毛の完了が早い
SHR方式の脱毛器が見つけにくい
最初の効果の実感までが時間がかかる

うぶ毛にも効果がある

メラニン色素に照射して毛母細胞にダメージを与える方式の脱毛方式では、うぶ毛のようにメラニン色素の少ない毛には、効果を発揮しにくい面があります。

ですが、毛を生やす活動をしている毛母細胞などに、「毛を生やすように命令しているバルジ領域」に照射し、ダメージを与えるので、毛の太さや濃さに関係なく、脱毛効果を感じる事ができます。

ホクロや日焼け部分にも照射可能

メラニン色素や黒い色に反応させる方式ではないので、黒い部分にも照射が可能で、照射しても温かい程度で痛くありません。

痛みが少ない

SHR方式は、高温になる光ではなく、低温でじんわり温めていく方式なので、バチッ!という痛みはありません。暖かく感じる程度です。

脱毛の完了が早い

毛の生えてくる毛母細胞に指令を出すバルジ領域にダメージを与えるので、根本的な脱毛の効果が期待できます。そのために、「すっかり生えてこなくなったな」と脱毛の完了を感じることが早いのも特徴です。

SHR方式の脱毛器が見つけにくい

IPL方式と比べて、まだ出始めの脱毛方式ということと、主流がIPLで他の方式の脱毛器の開発がこれから、ということもあって、SHR方式の脱毛器を見つけることが難しい状況ではあります。

最初の効果の実感までが時間がかかる

バルジ領域にダメージを与えて、毛が生えるシステムに根本的にダメージを与えるので、脱毛の完了を感じるのは早いのですが、反対にはじめの脱毛効果を感じるまでにIPL脱毛よりは時間がかかります。

レーザー脱毛器の特徴について

IPLとレーザーの違い
レーザー脱毛器のメリットレーザー脱毛器のデメリット
IPLとくらべて効果が高い
永久脱毛が可能
男性の髭にも効果が出やすい
美肌効果も期待できる
IPLと比べて痛い
クリニックよりは効果が低い場合がある

レーザー式の脱毛器は、IPL脱毛器と同じように、毛根に光を照射してダメージを与えて、毛根を弱らせて脱毛する方式ですが、光の質が違ってきます。

医療脱毛にも使われるほどで、脱毛効果の威力は高く、早く実感できます。永久脱毛したい場合は、レーザー式が有効です。

IPLとくらべて効果が高い

上のイラストでもわかるように、IPLは広い範囲に柔らかな光を当てます、これのお陰で、痛みがすくなくお肌への負担が少ない照射となります。

一方、レーザーの光は、ピンポイントで狭い範囲に集中して照射します。その結果、IPLよりも効果が高い脱毛が可能です。

永久脱毛が可能

一点集中の強い光が、しっかりと毛母細胞に確実にダメージを当てえるため、永久脱毛が期待できます。

男性の髭にも効果が出やすい

一点集中の強い光が照射できるので、男性の髭や濃く太い毛にも効果が期待できます。

美肌効果も期待できる

IPLやレーザーも含め、光を照射するタイプの脱毛方式は、毛母細胞にダメージを与えるのと同時に、お肌の細胞を活性化する効果もあります。そのため、レーザー脱毛の光も美肌効果が期待できます。

IPLと比べて痛い

IPLの広範囲に柔らかい光を当てるのと違い、レーザーはピンポンとで強い光を当てます。効果が高い分、痛みを感じやすい点がデメリットです。

クリニックよりは効果が低い場合がある

医療脱毛のクリニックでも採用されているレーザー脱毛ですが、家庭用のレーザー脱毛は、安全性を考慮して出力が抑えられているものがほとんどです。なので、効果としては、脱毛クリニックに劣る場合もあります。

とは言え。レーザー脱毛は効果の高い脱毛方式です。

おすすめのレーザー方式の家庭用脱毛器は、「トリアビューティー 」です。


効果を実感できるレーザー脱毛器。

IPL・SSC・SHR脱毛器の比較

項目IPL脱毛器SSC脱毛器SHR脱毛器
濃い毛・太い毛得意普通毛質関係なし
うぶ毛普通普通毛質関係なし
痛みほぼないほぼないない
効果3~4日で実感7~14日で実感時間がかかる

こんな人におすすめ!

IPL脱毛器

  • 痛みが少ない脱毛器を探している人
  • 早く脱毛したことを実感したい人
  • 美肌効果も期待する人
  • 太い毛がお悩みの人

SSC脱毛器

  • 美肌効果も期待する人
  • 濃い毛もうぶ毛もお悩みの人
  • 痛みを感じたくない人

SHR脱毛器

  • うぶ毛がお悩みの人
  • 痛みを感じたくない人
  • 美肌効果も期待する人
  • ホクロや日焼け部分に照射したい人

IPL脱毛器の仕組みについて

IPLの仕組み

ここでは、IPL方式の仕組みについておさらいしておきましょう。

IPL(インテンス・パルス・ライト)の特徴1・波長が560nm~1,200nmと広い


波長を調整することで脱毛・ニキビ・毛穴・くすみなどの肌トラブルに合わせて施術ができる

IPLの脱毛の光の周波数帯は、脱毛からお肌のエステまで使える周波数帯になっていて、脱毛と美肌の両方の効果が得られるようになっています。

1つの脱毛器で、モードを切り替えることで脱毛器として強弱を切替えたり、美顔器として使えたりします。

IPL(インテンス・パルス・ライト)の特徴2・毛乳頭に熱ダメージを与えることで減毛効果が期待できる

IPLの光は、お肌の奥の毛母細胞のメラニン色素に反応し、ダメージを与えます。その結果、毛根がダメージを受けて毛が抜けることにより、次に生えてくる毛が薄くなったり短くなったりして、定期的に照射することで脱毛効果を得ることができます。

IPL(インテンス・パルス・ライト)の特徴3・照射エネルギーが少ないため何度も繰り返して照射をする必要がある

脱毛サロンで使う脱毛機は、基本的に光美容器(光脱毛機)を使います。そして、その機能を家庭用に改良して販売しているのが家庭用光脱毛器です。なので、脱毛サロンの脱毛機より安全性を考慮して、出力を抑えています。

照射エネルギーが抑えられているので、1回で強い脱毛効果を期待するよりは、定期的に継続して照射していくことで、脱毛効果を得ることができます。

IPL脱毛器はメラニンに強く反応するため他の光脱毛器に比べて痛みを感じやすいことがある

これは、人にもよりますし、部位にもよります。IPL脱毛器は、メラニン色素に熱(光)を加えることにより脱毛効果を得るわけですが、メラニン色素が多い部位(濃い毛・太い毛の部位が特に)では、痛みを感じやすくなります。

もちろん、IPL脱毛器の光では痛みを感じない、という人も多くいて、そういう人は、照射レベルを最大にしても痛くないようです。

IPL脱毛器はメラニンに強く反応するため成長期に照射するのが効果的

毛周期
毛周期のイメージ

成長期の毛が最もメラニン色素が多く、これから濃くなっていくときです。退行期は、自然と抜け落ちる時期ですし、休止期は、抜け落ちたあとの時期になります。

なので、メラニン色素に反応させる脱毛方式のIPL脱毛は、成長期の毛に照射すのが、最も効果的です。

IPL脱毛器を導入している脱毛サロン/通う回数や期間について

IPL脱毛を受ける女性

IPL脱毛をサロンで受けたい方向けに、IPL脱毛を実施している脱毛サロンを確認しておきましょう。

脱毛サロンでは毛周期に合わせて2~3カ月に1回の施術を推奨している

IPL脱毛は、脱毛方式の中でも一番毛周期に沿って行うのが効果的な脱毛方式です。平均的な期間は2~3ヶ月になります。


部位ごとに毛周期が異なるため2カ月に1回のペースで施術を行うサロンが多い

脱毛サロンでも、家庭用脱毛器でも、体の部位によって適切な照射のペースは違ってきます。家庭用脱毛器なら、はじめは週一くらいのペースでもいいですが、脱毛サロンの場合は、予約の取りやすさも関係してきます。

毛周期の平均的な期間を取って、2ヶ月に1回位のペースでの施術が多いです。

脱毛の部位ごとの回数の目安

個人差以上に部位ごとに脱毛のペースは変わってきます。

部位毛周期最短回数平均回数最長回数
ワキ2か月~3か月3回8回18回
VIOライン1か月半~2か月3回8回18回
全身2か月3回8回18回
全顔1~2か月3回8回18回
太もも1か月半~2か月3回6回12回
膝下1か月半~2か月3回6回12回

ワキ、VIOなどは自己処理がほぼ不要になるまで18回前後の回数が必要

IPL脱毛は、永久脱毛はできません。施術のペースは落として行けますが、最終段階でほぼ毛が生えてくるようになるまでは、通い続ける必要があります。

最終的な、施術の終了までは本当に個人差がありますが、上の表を参考にしていただければと思います。

顔やお腹などは脱毛器の効果を実感しにくい/18回前後の回数が必要


顔やお腹は、毛が薄い部位です。IPL脱毛は薄い毛が結果が出るのに時間(回数)がかかります。毛が濃い部位と同じように18回くらいかかることもあります。

足や腕は12回前後で自己処理がほぼ要らなくなるケースが多い

毛の濃い部分、毛の薄い部分はそれぞれ最大で18回ほどかかる場合があります。足や腕の場合は、それらよりは少ない回数で終了するケースが多く、最大でも12回で脱毛を終了することができるケースが多いです。

脱毛サロンでは脱毛完了までに2年以上かかるケースが多い

通う頻度や、効果の出方で、人それぞれ実感の仕方が違います。早い人は、1回から3回位で脱毛効果を感じますが、効果が出にくい人は、2年や3年かかるケースも多くあります。

IPL脱毛ができる脱毛サロン1・シースリー

シースリー
サロン名シースリー
店舗数60店舗
料金プラン(全身脱毛)6回コース:月額3,300円:総額95,000円
プレミア全身脱毛コース:月額6,600円:総額339,900円
予約方法ネット・会員ページ・電話
脱毛方式IPL方式
※料金は税込です

シースリーじは全身脱毛の専門サロンです。料金プランは、「全身脱毛6回コース」と「プレミアム全身脱毛コース」の2種類から選べます。

「プレミアム全身脱毛コース」は、顔やVIOを含む全身53か所を脱毛でき、さらに、脱毛完了後も期間&回数無制限でアフターケアが受けられる「脱毛品質保証書」がついています。

最新の脱毛機の使用により、従来よりも400倍もスピードアップしたため、脱毛サロンの最大の問題点である”予約が取れない”問題も解消。人気があるのに予約が取れる脱毛サロンとして人気です。

IPL脱毛ができる脱毛サロン2・銀座カラー

銀座カラー
サロン名銀座カラー
店舗数42店舗
料金プラン(全身脱毛)6回コース:月額1,900円:総額98,000円
2年間脱毛し放題:月額4,300円:総額299,000円
予約方法ネット・電話
脱毛方式IPL方式
※料金は税込です

銀座カラーは脱毛サロン(エステ脱毛)でありながら、医療脱毛も受けられるプランがある点が魅力です。

2年間のエステ脱毛受け放題や、エステ脱毛と医療脱毛が受けられるコースなど、あらゆる要望に応えられる脱毛サロンです。

また、人気がある割には予約が取りやすいのも魅力の一つです。

脱毛とは切り離して考えることができない保湿に関しても様々なオプションが充実している点も、お肌のトラブルが心配な方には嬉しいサロンとなっています。

IPL脱毛ができる脱毛サロン3・ストラッシュ

ストラッシュ
サロン名ストラッシュ
店舗数55店舗
料金プラン(全身脱毛)全身ライトコース:月額2,900円~:総額125,400円~
全身スタンダードコース:月額3,500円~:総額150,400円~
月額制:4,400円
予約方法ネット・電話・LINE
脱毛方式SHR方式
※料金は税込です

ストラッシュは全身脱毛だけでなく、顔脱毛・VIO脱毛と、ニーズの高い部分脱毛にも特化した脱毛サロンです。

IPLではなくSHR方式の脱毛サロンですが、IPLよりも痛みを感じない方式で、脱毛サロンでも痛みを感じたくない!という人にはおすすめです。

パーツごとのプランがあったり、サブスクのように月額で通えるのもうれしいポイントです。

IPL脱毛ができる脱毛サロン4・エピレ

エピレ
サロン名エピレ
店舗数11店舗
料金プラン(全身脱毛)1回:84,700円
4回:140,800円
6回:204,600円
8回:264,000円
12回:369,600円
予約方法ネット・電話
脱毛方式IPL方式
※料金は税込です

TBCが運営する脱毛エステのエピレ。「ワキ脱毛」「ワキ脱毛+Vライン脱毛」「VIO脱毛」「フェイス脱毛」と、パーツごとのプランも充実しています。

必要な部位だけ脱毛したい人にはピッタリ!

エピレ公式サイト

IPL家庭用脱毛器の効果は?IPL脱毛は自宅でもできる?

IPL方式は、脱毛サロンだけでなく家庭用光脱毛器でも、主流の脱毛方式になっています。

おすすめのIPL脱毛機を紹介していきます。

おすすめのIPL家庭用脱毛器1・ケノン

ケノン
商品名ケノン
メーカー名株式会社エムテック
エムロック株式会社
価格69,800円
照射レベル調整10段階
カートリッジ交換カートリッジ交換式
照射可能回数レベル1:300万発
レベル10:50万発
※価格は税込です。

ケノンは、おそらく日本では最も売れている家庭用光美容器です。楽天などのネットショップでも、レビュー数はダントツに多いです。

ちょっと公式サイトの販売ページは怪しい感じがしますが、大丈夫です、商品はきちんとしています。

IPL脱毛器では最も有名でしょう。

実際に買った人からの評価も高く、「これ買っとけば間違いなし!」といえる家庭用脱毛器です。

おすすめのIPL家庭用脱毛器2・フォトEPC

フォトEPC
商品名フォトEPC
メーカー名株式会社シーズ・ラボ
価格74,800円
照射レベル調整5段階
カートリッジ交換カートリッジ交換
照射可能回数30万発
※価格は税込です

フォトEPCは、全国に31店舗を構えるドクターシーラボのエステが独自開発した脱毛&美顔器です。

エステサロンで実際に活躍している脱毛器だから、信頼性は抜群です。そのエステサロンで培ったノウハウを惜しみなく注ぎ込んでできたのが、このフォトEPCです。

2つのアタッチメントを取り替えて使えば、光脱毛とニキビやシワ・たるみなどのケアにも使える優れものです。

関連ページ:【フォトEPC 口コミ】へ内部リンク

おすすめのIPL家庭用脱毛器3・LAVIE(ラヴィ)

LAVIE
商品名LAVIE(ラヴィ)
メーカー名株式会社スプレッド
価格49,800円
照射レベル調整7段階
カートリッジ交換カートリッジ交換
照射可能回数レベル1:105,000発
レベル7:5,000発

このLAVIE(ラヴィ)脱毛器も、IPL方式の家庭用光美容器です。電源は、充電式ではなくコード式で、コンセントに繋げればすぐに使えます。

安心の日本製で、脱毛器としても使えますし、美顔カートリッジに換えれば美顔器としても使えます。

照射回数は、ケノンに比べると少ないですが、自宅ケアで使う分には十分な照射回数と言えるでしょう。その分、ケノンより2万円も安くなっているので、コスパを重視するならおすすめの家庭用光脱毛器です。

関連ページ:【LAVIE(ラヴィ) 口コミ】へ内部リンク

おすすめのIPL家庭用脱毛器4・スムーズスキンbare smart

スムーズスキンbare smart
商品名スムーズスキンbare smart
メーカー名CyDen(サイデン)社
価格38,500円
照射レベル調整2段階
カートリッジ交換本体交換
照射可能回数100万回

スムーズスキンbare smartは、スムーズスキンbareをコンパクト化した最新のバージョンです。コンパクトで低価格ですが、しっかりとパワーもあり、少スア回数も100万回と十分な回数です。

スキントーンセンサーがついているので、脱毛器が自動で照射に適したモードを選んでくれます。肌の色に反応してくれるので、予想外に痛い、ということを避けられます。

おすすめのIPL家庭用脱毛器5・シルクエキスパート

ブラウン シルクエキスパート
商品名シルクエキスパート
メーカー名ブラウン社
価格オープン価格
約20,000~80,000円
照射レベル調整10段階
カートリッジ交換本体交換
照射可能回数12万発

日本製以外では、ブラウンという世界的に有名なメーカーということもあって、シルクエキスパートは最も知られていて人気があり、信頼できる家庭用光脱毛器と言えます。

公式サイトでの購入はありませんので、通販サイトの楽天やAmazonなどで購入します。

関連ページ:【シルクエキスパート 口コミ】へ内部リンク

IPL脱毛器の効果/家庭用脱毛器&サロン情報まとめ

IPL脱毛器は、脱毛サロンでも家庭用脱毛器でも現在のところ主流で、圧倒的多数派になっています。

効果としては、医療脱毛のような痛さがないのですが、割りと早く効果を実感できるのが嬉しいところです。

IPL脱毛器で、医療脱毛のように永久脱毛はできませんが、定期的に使い続けることで、永久脱毛したかのように、つるつるが続くようになります。

IPL脱毛器の効果に関しては、

  1. IPL脱毛器の効果1・太くて濃い毛に効果が期待できる
  2. IPL脱毛器の効果2・照射後1~2週間で毛が抜け落ちる
  3. IPL脱毛器の効果3・光脱毛の中では早く効果を実感しやすい
  4. IPL脱毛器の効果4・歴史のある脱毛方式で多くのサロンで実績をあげている

IPL脱毛が向いている部位、向いていない部位については、

  1. IPL脱毛器が向いている部位・ワキ、VIO、スネなどの毛が太くて濃い部位
  2. IPL脱毛器が向いていない部位・顔、お腹、背中などうぶ毛が多い部位
  3. IPL脱毛器が向いていない部位・日焼けしている部位

脱毛方式の違いや特徴については、

この辺を見ていただくとIPLのことがよく分かると思います。

おすすめのIPL脱毛器は、以下で確認できます。

IPL家庭用脱毛器の効果は?IPL脱毛は自宅でもできる?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ