【ヒゲ脱毛セルフ】自宅で脱毛/ヒゲに効果的なおすすめ家庭用脱毛器

  • URLをコピーしました!
【ヒゲ脱毛セルフ】自宅で脱毛/ヒゲに効果的なおすすめ家庭用脱毛器

「ヒゲ脱毛」。時代の流れとして、若い世代ほどヒゲを脱毛してなくしてしまおう、という人が増えています。

感覚値ですが、30代より若い人、若ければ若い人ほど、ヒゲを脱毛する人が多いように感じます。ですが、若い世代ほどお金はかけられないものです。そこで、ヒゲをセルフ脱毛している人も増えているんだとか。

あーくん

これからヒゲを自分で脱毛しようとしようとしている人のための記事となります。セルフヒゲ脱毛にはどんな種類があるのか?どの方法が効果的なのか?おすすめのアイテムはどれなのか?確認していきます。

タップできるもくじ

【ヒゲ脱毛セルフ】自宅でヒゲ脱毛をする方法

【ヒゲ脱毛セルフ】自宅でヒゲ脱毛をする方法

セルフ髭脱毛1・家庭用脱毛器

家庭用脱毛器のメリット家庭用脱毛器のデメリット
手軽に好きな時間に髭脱毛できる
予定を決めて予約する必要がない
お肌のトラブルが少ない
スキンケアもできる
脱毛サロンやクリニックよりは効果が低い
光を見たり誤った操作を行うと危険性がある
レーザー式でも医療クリニックよりも効果は落ちる
カミソリや毛抜きと比べると高額

当ブログ「マイ脱毛」は、セルフ髭脱毛でおすすめの脱毛方法は、家庭用脱毛器の使用です。家庭用脱毛器は、最も使いやすく、効果的です。はじめのコストはかかりますが、長い目で見ると実は、ものすごくコスパが良いんです。

家庭用脱毛器のメリット

手軽に好きな時間に髭脱毛できる

自宅で簡単に空いた時間を利用して髭脱毛ができるのが、家庭用脱毛器の最大の利点です。

予定を決めて予約する必要がない

自宅でスキア時間にケアできるので、脱毛サロンやクリニックのように、何週間も先の予定を決めてなかなか取れない予約を取ろうとする必要がありません。

お肌のトラブルが少ない

毛抜きやカミソリと比べると、けがをすることもないですし、お肌への負担が少なく乾燥肌などのトラブルも少ないです。

スキンケアもできる

家庭用脱毛器で採用されているフラッシュ式の脱毛器の光は、光エステ美容で使われる光と周波数帯が非常に似ています。結果的に、家庭用脱毛器でも美肌効果が期待できます。

家庭用脱毛器のデメリット

脱毛サロンやクリニックよりは効果が低い

脱毛サロンやクリニックで使われる脱毛機より、家庭用脱毛器は、安全性のために出力を抑えられています。光の出力が弱いということは、脱毛サロンや脱毛クリニックよりも脱毛効果は劣ることになります。

とは言え、今の家庭用脱毛器は進化し、脱毛サロンや脱毛クリニックで使われる脱毛機と遜色のないパワーのある脱毛器が多くあります。ケノンやトリアなどは人気もありますし、効果も非常に高い家庭用脱毛器です。

セルフ髭脱毛2・ワックス

ワックス髭脱毛のメリットワックス髭脱毛のデメリット
ツルツルの状態にできる
毛根からヒゲを除去できる
かなり痛みがある
何度も脱毛する必要がある
ワックスの扱いが難しい
毛穴が開きっぱなしになる
お肌のトラブルの原因になる

脱毛ワックスのメリット

ツルツルの状態にできる

剃るのではなく、根本からヒゲを抜き去るので、お肌の状態はツルツルになります。

毛根からヒゲを除去できる

髭をごそっと抜き去りますから、毛根から髭を取り去る事ができます。

脱毛ワックスのデメリット

かなり痛みがある

ワックス脱毛が痛いのは、ご存知の方も多いと思います。その痛みの中でも髭はかなり痛いです。心理的にも強くないと、髭のセルフ脱毛をワックスでやるのは大変なことです。

何度も脱毛する必要がある

もう今後と除去はしますが、すべての髭を同時期に抜き去ることはありません。毛周期で成長期にある毛は、全体の10%程度です。なので、1度ワックス脱毛を行っても、残りの90%はまた生えてきます。

すべての髭をワックス脱毛で抜き去るには、何回もやる必要があります。

ワックスの扱いが難しい

ワックスは、粘性の高いジェル状のようなものです。非常に扱いが難しいです。慣れれば、簡単なのでしょうけど、はじめのうちは扱いが難しいと感じるでしょう。

毛穴が開きっぱなしになる

毛穴から生えていた髭を一気にごそっと抜きますから、毛穴は開きっぱなしの状態になります。開いた毛穴は非常に無防備な状態になりますから、雑菌が入り込んだりすると炎暑を起こす可能性があります。

お肌のトラブルの原因になる

開きっぱなしの毛穴は、乾燥の原因になります。抜いた勢いでお肌へのダメージもあります。結果的に、ワックス脱毛でお肌のトラブルが起こることがあります。

セルフ髭脱毛3・毛抜き

メリットデメリット
きれいな仕上がりに見える
処理した効果が長続きする
毛抜き以外にお金がかからない
肌荒れの原因になる
埋没毛になる
毛嚢炎になる

毛抜きのメリット

きれいな仕上がりに見える

毛抜きで髭を抜くを、髭全体を抜き去るのでお肌の表面には髭がなくなるので、きれいな仕上がりに見えます。

処理した効果が長続きする

毛抜きは髭を抜き去るので、全く髭がなくなります。他の毛周期の成長期の髭が生えてくるまでは、毛抜きによる髭脱毛の効果が長く続くように見えます。

毛抜き以外にお金がかからない

毛抜きで脱毛する場合は、毛抜きの購入代金以外はお金がかかりません。追加で何かを買い足す必要がないです。

毛抜きのデメリット

肌荒れの原因になる

毛抜きで髭を抜くと、その部分は毛穴が開いたままの状態になります。この状態は乾燥肌の原因になりますし、雑菌が入り込んで炎症が起こったりします。お肌のトラブルが起こりやすくなり、肌荒れの原因になります。

埋没毛になる

毛抜きで髭を抜くと、次に生えてきた髭が変な生え方をしてしまい、お肌の表面に出てこず、皮膚のしたで伸びてしまう埋没毛になる可能性があります。

毛嚢炎になる

毛抜きで髭を抜き去ると、毛穴が炎症を起こす可能性があります。この毛穴の炎症が毛嚢炎になる可能性があります。

セルフ髭脱毛4・除毛クリーム

除毛クリームのメリット除毛クリームのデメリット
簡単に自宅で除毛ができる
脱毛器と比べて安い
太い・細いの毛質を選ばず使える
敏感肌には刺激が強い
顔には使えない
毛根からの除毛はできない
肌荒れのリスクがある
使ってなくなったら都度買わないとイケない

除毛クリームの「除毛」とは、皮膚から出ている表面の毛を取り除くことを指します。この定義で考えると、自己処理のシェーバーやカミソリも除毛ということになりますね。

除毛クリームのメリット

簡単に自宅で除毛ができる

除毛クリームのメリットも自宅で簡単にすぐにできることです。ムダ毛」が気になったら手軽に処理できる点がうれしいですね。

脱毛器と比べて安い

数百円から数千円程度で手に入る除毛クリームは、家庭用脱毛器と比べて非常に安価で手に入ります。まず、はじめにやる脱毛としては除毛クリームは始めやすいです。

太い・細いの毛質を選ばず使える

脱毛器のようにメラニン色素に反応させる方式ではなく、タンパク質を溶かす成分が働く仕組みの除毛クリームは、毛質を選びません。濃い毛・細い毛・堅い毛・うぶ毛と毛質に関係なく使えます。

除毛クリームのデメリット

敏感肌には刺激が強い

除毛クリームにはタンパク質を溶かす成分が入っています。この毛を溶かす成分が、敏感肌や肌の弱い人には肌荒れの原因になる可能性があります。少なからず、お肌へ負担がかかります。

顔には使えない

実は、髭脱毛の記事で除毛クリームを取り上げておいて申し訳ないのですが、除毛クリームは、顔やVIOには使えません。敏感な肌の箇所や粘膜には、タンパク質を溶かす成分が配合されているので危険です。使ってしまうとヒリヒリ感を感じるかも知れません。

毛根からの除毛はできない

除毛クリームでは、毛根からの除毛はできません。どうしても、表面に塗ってムダ毛を処理しますので、奥深くの毛根の根絶はできません。

肌荒れのリスクがある

敏感な箇所ではなくても科学的な成分を塗るので、肌荒れのリスクはあります。最近では、天然成分で作られた除毛クリームもありますが。

使ってなくなったら都度買わないとイケない

カミソリや毛抜き、家庭用脱毛器と違い頻繁に購入するのが手間に感じる人もいると思います。器具と違い、消費して減るクリームなので、都度買う必要があります。

セルフ髭脱毛5・抑毛ローション

抑毛ローションのメリット抑毛ローションのデメリット
敏感肌の人でも使える。
スキンケアも同時に行える。
自己処理の回数が減る。
即効性がない。
抑毛ローションだけでは脱毛は完結しない。

抑毛ローションの「抑毛」とは、毛の成長を抑え。生えてくる毛を目立たなくすることです。「毛の成長抑制ローション」ということですね。

抑毛ローションのメリット

敏感肌の人でも使える。

抑毛ローションは、科学的なお肌に良くないものが入っていると言うよりは、大豆イソフラボンやパパイン酵素など、植物由来の成分が抑毛効果として配合されています。

よく打つ由来の成分名なので、科学的な成分のものと違いお肌には優しいです。なので、敏感肌の人や、妊娠中や授乳中、生理中の人、子供に使える抑毛ローションもあります。

スキンケアも同時に行える。

抑毛ローションの製品には、美容成分が配合されていることが多いです。抑毛ケアと同時にスキンケアもできてしまいます。

自己処理の回数が減る。

良くもいローションを使い続けると、毛が生える周期が遅くなってきます。結果として、自己処理の頻度が遅くなります。

抑毛ローションのデメリット

即効性がない。

天然成分をメインに、お肌に優しく、毛が生えるスピードを抑制する抑毛ローションは、他の脱毛に関する方法と比べると即効性がありません。

抑毛ローションだけでは脱毛は完結しない。

抑毛ということで、生えてくる毛の周期を抑えるだけということになります。なので、脱毛を完了させたければ、他の脱毛方法と併用する必要があります。

セルフ髭脱毛の中で抑毛・除毛効果があるのは家庭用脱毛器のみ

家庭用脱毛器は、「脱毛」効果はもちろん、毛が生えてくるペースを遅くする「抑毛」効果もあります。

毛抜きやワックス、除毛クリーム、シェーバーなどは、一時的に「除毛」はできますが、「抑毛」ではありません。

抑毛ローションは、「抑毛」効果しかありません。

「脱毛」「除毛」「抑毛」の3つの効果があるのは家庭用脱毛器だけです。

家庭用脱毛器は継続することで毛が細く生えにくくなってくる

家庭用脱毛器は、継続して使い続けると、太かった髭も徐々に薄く細くなってきます。やがて髭が薄くなり、最終的には自己処理がたまにしかしなくて良くなります。

家庭用脱毛器では、永久脱毛はできませんので、最終的に髭脱毛が完了したと思っても、数ヶ月に1回くらいは脱毛器を使わないと、髭が徐々に復活してきてしまいます。

言い換えれば、髭も細くなってきますので、自己処理がほとんどいらなくなる、ということになります。

【ヒゲ脱毛セルフ】家庭用脱毛器は男性のヒゲに効果はある?

【ヒゲ脱毛セルフ】家庭用脱毛器は男性のヒゲに効果はある?

家庭用脱毛器の種類・フラッシュ式脱毛器の特徴

IPL脱毛とレーザー脱毛の違い

フラッシュ式の脱毛器は、「光美容器」や「光脱毛器」、「エステ脱毛器」とも言われます。ピカッと光るタイプの脱毛器です。

ピカッと光る脱毛器のあの光は、メラニン色素に反応します。メラニン色素の多い、お肌の奥の毛根周辺にダメージを与え、徐々に弱らせて、毛がが抜け落ちます。

メラニン色素に反応するので、メラニン色素が多い濃く太い毛の処理が得意です。逆に薄く細い産毛は、メラニン色素が少ないので苦手とします。

家庭用脱毛器の種類・レーザー式脱毛器の特徴

レーザー脱毛の家庭用脱毛器も、光を当てて脱毛する方式な点は、フラッシュ式と同じです。

えすが、レーザー式のほうが、ピンポイントで高出力の光をお肌の奥まで届かせます。

レーザー脱毛のほうが、IPL方式の脱毛器よりは脱毛効果が高いのですが、パチッと痛いのがデメリットです。

「痛くなければ効いてない!」と思える人にはおすすめです。

家庭用脱毛器はほとんどがフラッシュ脱毛器

フラッシュ式の脱毛器では「IPL」方式が主流で人気があります。フラッシュ式の脱毛器でレーザー方式以外の製品は、IPL方式を採用しているか、IPL方式と違う方式を掛け合わしていることが多いです。

IPLより最先端!と謳って販売ページで宣伝している脱毛器はたくさんありますが、イマイチ効果があるのか不明だったりすることが多いです。

基本的に、フラッシュ式の脱毛器なら、IPL方式が商品開発も進んでいますし、商品も多いので選びやすいです。

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない!除毛・抑毛効果のみ

残念ながら、「永久脱毛」ができるのは、医療レーザー脱毛かニードル脱毛だけです。家庭用脱毛器で永久脱毛ができると言えるのはありませんが、永久脱毛に近い脱毛効果が得られるのはレーザー式の家庭用脱毛器です。

IPL方式やIPLから派生したフラッシュ式の脱毛器は、除毛して抑毛効果を持続的に使うことで高めていくまでしかできません。

なので、家庭用脱毛器は、継続的・定期的に使い続けることが必要になります。

使用を辞めると元に戻ってしまうこともある

ある程度、家庭用脱毛機を使って脱毛効果を実感した頃に、使用をやめてしまう人が多いです。

個人差はありますが、ある程度の期間ケアしないと、元の状態に戻ってしまいます。

使用開始から2カ月ほどで除毛効果を実感するケースが多い

また、効果が実感できないからと、家庭用脱毛器を使わなくなってしまう人も多いです。

ですが、最初は週一で2~3ヶ月間、使い続けてください。効果は徐々にやってきますし、継続して徐々に実感できるものです。

【ヒゲ脱毛セルフ】おすすめ!メンズ家庭用脱毛器を厳選して紹介します!

【ヒゲ脱毛セルフ】おすすめ!メンズ家庭用脱毛器を厳選して紹介します!

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

トリア4x
商品名トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X
メーカー名株式会社スプレッド
価格49,800円
照射レベル調整7段階
カートリッジ交換本体交換
照射可能回数レベル1:105,000発
レベル7:5,000発
※価格は税込です

家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー方式採用です。

「痛くなければ脱毛効果はない!」「痛い!効いてる!」というなんともすごいレビューが多発しているトリアです。

レーザー脱毛器なので、IPL方式などの光美容器よりは痛みがありますが、その分効果はかなり高いです。

本格的に濃い毛を退治したい人にはおすすめです。

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ケノン

ケノン
商品名ケノン
メーカー名株式会社エムテック
エムロック株式会社
価格69,800円
照射レベル調整10段階
カートリッジ交換カートリッジ交換式
照射可能回数レベル1:300万発
レベル10:50万発
※価格は税込です。

ケノンは、光脱毛器では日本で最も売れているアイテムです。脱毛器というくくりでも、一番売れているんじゃないでしょうか。

「迷ったら、これ買っとけば問題なし!」というくらいに人気があり、機能も充実して脱毛効果もちゃんとした光脱毛器です。

カートリッジを選ぶことで、強いパワーを出力できます。

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ホームクリア

ホームクリア
商品名ホームクリア
メーカー名株式会社クリア
価格59,760円
月額4,980円
照射レベル調整5段階
カートリッジ交換本体交換式
照射可能回数100万発
※価格は税込です。

ホームクリアは、メンズ脱毛サロンの「メンズクリア」が開発した家庭用脱毛器です。男性向けの開発ですが、もちろん家族の方やパートナーの女性も一緒に使えます。

男性用の脱毛器ですが、いたずらにパワーを追いかけず、効果と痛みの少なさを絶妙に両立させた脱毛器に仕上がっています。

モートモード付きで、1度ボタンを長押しすればレベル調節などを自動で連射しながら、頑固な髭を処理してくれます。

20代から30代の男性に人気の男性用脱毛器です。

関連記事:「ホームクリア 口コミ」へ

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・V7

メンズ脱毛器V7
商品名V7
メーカー名リタマインド・ジャパン株式会社
価格71,520円
月額2,980円
照射レベル調整10段階
カートリッジ交換本体交換式
照射可能回数100万発
※価格は税込です。

V7脱毛器は、サロン並みにパワーを痛みなく自宅で使える、というこだわりの基に作られた男性向けの脱毛器です。剛毛に悩み男子は必見です。

痛みを抑えるための対策は、照射する周りを冷やすのではなく直接冷やす独自の冷却機能を搭載することです。最大出力13.8ジュールのハイパワーでも十分に冷却されるので痛みを抑えます。

髭だけではなく、全身に使えますのでツルツルを目指す男性にはぜひ使ってみて欲しい1台です。

関連記事:「V7脱毛器 口コミ」へ

【ヒゲ脱毛セルフ】よくある質問:Q&A

何回くらいで効果を実感できますか?
回数レーザー式フラッシュ式
1~3回部分的にヒゲが生えなくなる一時的に抜けるがまた生えてくる
5~6回青髭が薄くなる
髭剃りが楽になる
ヒゲが柔らかくなる
生えてくるのが遅くなる
8~10回青髭が解消する
髭剃りが不要になる
青髭が薄くなる
髭剃りが楽になる
12~15回ツルツルになる
永久脱毛が完了する
青髭が解消する
髭剃りがほぼ不要になる
20回以上ツルツルが続くほぼツルツルになる

あくまでも目安ですが、レーザー式とIPL方式などのフラッシュ式で、何回くらいでどれくらいの髭脱毛の効果が実感できるかまとめてみました。参考にしてください。

髭脱毛は痛いって本当ですか?

濃い毛・太い毛のケアは、基本的に痛いです。脱毛器の痛みの対策として、照射する箇所を冷却する、というのがあります。

最近の家庭用脱毛器は、本体に冷却機能が付いているものが多くなっています。なので、冷却機能を使えば、驚くほど痛みは減りますので、冷却機能がついている脱毛器を選べば痛みは、あまり心配ありません。

どのくらいの頻度で照射しますか?

各家庭用脱毛器で違ってきます。ですが、一般的には週一から2週間に1回位からはじめます。

髭が薄くなり、効果を実感できてきたら頻度は落として構いません。あとは、髭の状態を見ながら調整していきます。

家庭用脱毛器は硬毛化の原因になりますか?

家庭用脱毛器を使って硬毛化することはあります。ある医師の意見では、家庭用脱毛器を使って10%から50%の確率で硬毛化が起こるとも言われています。

硬毛化は、脱毛器の光を当てた時に、しっかりとメラニン色素に熱を伝わらせて毛根にダメージを与えることができなかった時に起こりやすいそうです。

なので、男性の髭に関しては、太くて濃いのでメラニン色素が多く毛根へもダメージを与えやすいです。

対策としては、髭に対して強い家庭用脱毛器を選ぶことです。

照射パワーが強い脱毛器の方が脱毛効果が高いですか?

照射パワーが強いことは、脱毛効果が高いことと、ほぼイコールと考えてもいいです。ただ、強いだけだと痛みも強いので、覚悟というか理解しておく必要があります。

最近では、パワーと同時に、痛みを抑える冷却機能なども充実した機種が増えてきています。

フラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方が髭脱毛には適していますか?

はい。やはりフラッシュ式よりもレーザー式のほうがパワーがあります。髭は濃い毛なので、パワーで毛根にダメージを与えて脱毛効果を狙うほうが良いかと思います。

その代わり、何度も言いますが、「パワー=痛み」と言うのはあります。

冷却機能がついていた方が安心ですか?

はい。濃い毛の髭に照射すると痛みがありますが、冷却機能があれば痛みを確実に抑えることができます。

脱毛器のパワーと同じくらいに冷却機能にも目を向けたほうが良いです。

濃いヒゲでも問題なく使えますか?

使えます。ただ、女性用の痛みの少ない脱毛器ではパワー不足の場合があります。なので、下でおすすめしている髭に使える、男性向けに開発された、というような脱毛器を選ぶことをおすすめします。

【ヒゲ脱毛セルフ】方法・おすすめの家庭用脱毛器まとめ

髭脱毛をセルフでやる場合には、家庭用脱毛器一択です。

そんな中でも、パワーがあり、冷却機能がついているものがおすすめです。

濃い髭は、完全にツルツルにするには、時間はかかります。はじめのうちは、今までの髭剃りもやりながら徐々に髭剃りの時間が減り、回数が減り、最終的に髭剃りも時々で良くなった、という風に気長に続けることをおすすめします。

ツルツルお肌を目指す男子には、家庭用脱毛器でのセルフ髭脱毛をおすすめします♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ